『令和元年度夏期学術研修会』開催
2019/07/26


(公社)岡山県柔道整復師会の令和元年度夏期学術研修会を下記のとおり開催します。

この、研修会は一般公開となっております。マラソンランナーの方だけでなく、多数の参加をお待ちしています。


くらしき健康福祉プラザ プラザホール
令和元年8月4日(日)13:00〜17:00
「マラソンを走りきるために大切なこと」

受付開始   12:45〜

基調講演   13:05

講師:大塚製薬株式会社 広島支店 岡山出張所   白上剛史樣

演題:「〜楽しく走るために〜 大塚製薬から情報提供」


特別講演   14:45

講師:環太平洋大学 学体育学部 体育学科 准教授 吉岡利貢先生

演題:「マラソンの科学〜パフォーマンス構造と負荷特性に着目して〜」
  

特別講演講師紹介

吉岡 利貢(よしおか・としつぐ)先生

1978年兵庫県生まれ。2001年静岡大学教育学部卒。2008年筑波大学大学院人間総合科学研究科(単位取得退学)。博士(体育科学)。
筑波大学体育センター・準研究員、筑波大学スポーツR&Dコア・研究員を経て、現在、環太平洋大学体育学部准教授。ランニング学会常務理事、中国四国学生陸上競技連盟・強化委員。

中学から大学まで陸上競技(長距離)を専門とし、筑波大学大学院進学後は、一貫して中長距離ランナーの体力やトレーニング法についての研究に取り組む。著書に『毎日長い距離を走らなくてもマラソンは速くなる! 』(ソフトバンク新書)、『ランニングリテラシー』(大修館書店)など。